2012年03月16日

北海道の温泉と観光(15) 「サロベツ原野」

.



北海道の温泉と観光(15) 「サロベツ原野」 .



サロベツ原野

「サロベツ原野」





天塩町から道道106号線に入ると、しばらくは日本海へ注ぐ天塩川の左岸を走り、日本海とは微妙に距離を置いたところを北上する。

天塩川は、日本海と並行しながら延々と南下するように流れていて、そして天塩町の北端でやっと日本海へ流れ込むのである。 

この河は北方の幌延町辺りで日本海へ向っているのだが、直前まで来て砂丘に阻まれ、今度は海岸線沿いを 凡そ10km も南下するためである。その天塩川が南下しているところを、道道106号線が並行して北上している。 
北海道・北端の地へ至る最後の道であり、道としての最後の導(しるべ)でもある。
5km ほど北上したところで道は左へカーブし、天塩川を渡る。満々と水を湛えた川は全くの自然のままで、いかにも大自然の北海道をイメージさせるのに充分である。




天塩川と日本海を分け隔てている浜砂丘へと「天塩河口大橋」」を渡る、ここからは左手には「利尻富士」が見え隠れしている。 
ひたすら日本海沿いを北上することになるが、道道106号線の第一幕は、天塩川を渡って浜砂丘へ出ると遠くに見えてくる有名な風車である。 

色々なCMや広告写真などで使われているらしいが、日本とは思えない雄大な風景の中に溶け込むよ
うに在るのが風車の列である
。車を北へ走らせながら、その姿が徐々に近づいてきて、軽いクランク状のカーブを抜けると、風車の列は眼前に広がる。 

又、ここが天塩川と並行してきた最後の地点でもあり、離れる場所でもあるのだが。風車の数は 29基あまりあって、横一列に日本海に向けて立っている。東北の北部地方あたりから、あちこち風車のある景色は拝見しているが、ここほど圧倒的な風車の景色はなかったように思う。 



このあたりは見る目にも風が強い地域であることが想像でき、環境に優しい自然エネルギーは北海道の風景にもぴったりである。その風車の列を過ぎると、いよいよ「サロベツ原野」へ入る。
 

原野は、余りにも広大な為か南側を下サロベツ原野、北側を上サロベツ原野と称しているらしい。
道は、北への真っ直ぐな道が淡々と進む、本当に「ひたすら」という言葉が似合うほどに続く。 
しかも、対向車には殆ど会うこともなく、どこまで続くのだろう・・、と思うくらいに続く。左右は、サロベツ原野とは言うけれど、ウネリのような低い丘陵地が続いているようであり、時節柄、枯れた色合いが、その寂寥感に輪をかける。 
しかしながら道路は全くの平坦で、直線が無限の彼方まで延びて姿を消しているのである。



周囲は丘陵地から次第に原野らしく平原の様相になってきて、左に時折、真っ青な北の海が見渡せる。 
地図を見ると道路はいかにも海岸、波打ち際を走っているように思われるが、実は7〜80m陸側に位置していて、その間は同様に原野になっているのである。 草原の所謂、枯れ草文様の中に緑の縞模様が見られ、次第に原生花園・原生湿原と言われる様態に変化してきているようだ。


サロベツ原生花園」と青海に幽かに浮かぶ山・「利尻岳」の三角錐の姿を眺めながらの快適なドライブウェイは続く。 
定規を当てた様な真っ直ぐに延びた一本の道、思わず踏むアクセルに力が入るが、スピードに乗って通り過ぎてしまうにはにはもったいない程の景観が連続している。
利尻・礼文・サロベツ国立公園」の広く爽やかな風景を存分に味わいたい・・!!。 
北海道の北の果ての短い夏はすでに終わり、すでに晩秋の気配が漂よい、緑の湿原は褐色の大地に変わっていたが、しかし青い海、澄んだ空は変わることがない。




サロベツ原生花園の浜勇知園地の見晴休憩地に来た、稚内天塩線の唯一のパーキングである。 
ここで一息の散策である・・、処々に僅かに真赤なハマナスの花が咲き、移り行く季節を惜しんでいる様である。 
ハマナスの花の色は北へ来るほど赤味が増す」といわれる。

森繁久弥氏も映画ロケで訪れたようで、園地に歌碑が刻んであるった。





『 浜茄子の 咲きみだれたる サロベツの
 
              砂丘の涯の 海に立つ富士
 』


「富士」とは、無論、利尻富士のことである。




ここサロベツ原野は北緯45度丁度で北半球の緯度ではど真ん中にあたるらしい。 
又、この地は大陸風景・満州平原(中国東北部で旧日本の支配地)に相似していることから、「人間の条件」、「戦争と人間」、「不毛地帯」等の映画の撮影の舞台にもなったとか。 
気がつくと道標に「稚内26km」とあった、北端の地へあと一息である。 
同じような風景が続く中、景色にやや飽いてきた頃、小さな集落が見えてくる、「稚咲内」の集落である。 

それなりの速度で走ってきたが、久方ぶりの信号であり、ここを右折するとサロベツ原生花園の核心部である湿原地帯へ向かうが、この時期はもはや花の季節は完全に終わっている。 

本来なら、日本低地における代表的な湿原でとくに高層湿原から中間湿原へ移行するといわれる植物が多く、モウセンゴケ、ショジョウバカマ、ツルコケモモなどの花々が、季節を華やかに咲き競うはずであるが。  

そこに広がる日本最北の湿原には、寒冷地植物群が100種類以上も植生しているといわれる。

季節柄、今はただ一陣の風が吹き抜けるのみである。 小生もその「」にのって、再び最北の地へ向う。 
          



』 唄・はしだのりひこ(昭和42年)


人は誰もただ一人旅に出て 

人は誰もふるさとを振り返る

ちょっぴりさびしくて

振り返っても 

そこにはただ風が

吹いているだけ 

人は誰も 人生につまずいて

人は誰も 夢破れ振り返る 
 



次回は、 北端の最終章「宗谷岬






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




.
posted by tobiori at 18:03| Comment(0) | 北海道(西) | 更新情報をチェックする